WWEドラフトのルールが発表される


WWEは今週Smack Downと来週RAWで行う予定のWWEドラフトについて、公式ルールと選択されるスーパースターを発表しました。

それによると、ドラフトの対象となるのは60人以上のスーパースターとタッグチームになり、Smack DownとRAWそれぞれで選択できる選手が分かれています。

そしてRAW、Smack Downは1回の選択でそれぞれ3人、2人ずつを指名します。指名できる人数の違いはRAWの方がショーの時間が長さからです。

ドラフトで指名されなかった選手はフリーエージェントとなり、選択したブランドでサインすることができます。

なお司会はどちらもステファニー・マクマホンが務めることになります。以下は曜日ごとの指名の対象となる選手です。

金曜日(10月9日 Smack Down)
アスカ
サーシャ・バンクス
ビアンカ・ブレア
ダナ・ブルック
ウンベルト・カリージョ
イライアス
エンジェル・ガルザ
ドリュー・グラック
ヘビーマシナリー(オーティス、タッカー)
ハートビジネス(MVP、ラシュリー、ベンジャミン、アレクサンダー)
ミッキー・ジェームス
ルチャ・ハウス・パーティ(カリスト、メタリック、ドラド)
ドリュー・マッキンタイア
マーフィ
レイ・ミステリオ&ドミニク
ナオミ
ニューデイ(ビッグE、キングストン、ウッズ)
ローマン・レインズ
リコシェ
セス・ロリンズ
マンディ・ローズ
シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックス
ショーティーG
AJスタイルズ
ジェイ・ウーソ

月曜日(10月12日 RAW)
アンドラーデ
ベイリー
アリスター・ブラック
アレクサ・ブリス
ダニエル・ブライアン
カーメラ
キング・コービン
アポロ・クルーズ
ニッキー・クロス
ダバ・カト
ドルフ・ジグラー&ロバート・ルード
エリック(バイキング・レイダース)
レイシー・エヴァンス
シャーロット・フレアー
ジェフ・ハーディ
ビリー・ケイ
ラナ
キース・リー
ザ・ミズ&ジョン・モリソン
リディック・モス
ナタリア
タイタス・オニール
ランディ・オートン
ケビン・オーエンズ
R-トゥルース
レトリビューション
マット・リドル
ルビー・ライオット&リヴ・モーガン
ペイトン・ロイス
アルトゥーロ・ルアス
シェイマス
中邑真輔&セザーロ
ストリート・プロフィッツ
ブラウン・ストローマン
タミーナ
戸澤陽
ゼリーナ・ベガ
ブレイ・ワイアット
サミ・ゼイン

スポンサーリンク