レッスルマニア37はフルキャパシティで開催できる?


WWEは来年3月28日にレッスルマニア37を予定していますが、開催地はカリフォルニア州イングルウッドのソフィ・スタジアムから、フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムへと変更されるのではないかと噂されています。

スポンサーリンク

フロリダ州タンパは本来今年のレッスルマニア36が開催される予定だったものの、パンデミックが発生したために開催が実現せず、WWEパフォーマンスセンターでの無観客開催へと変更されていました。

現在もパンデミックの状況が続きますが、来年のレッスルマニア37は満員で行える可能性もあるようです。

フロリダ州知事のロン・デサンティスは、NFLのマイアミ・ドルフィンズに本拠地とするハードロック・スタジアムでの試合に対して、フルキャパシティで行うための許可を与えたと報じられています。

ハードロック・スタジアムは収容人数65,000人であり、これが満員にできることを意味します。

それに伴って来年のレッスルマニア37がフロリダ州タンパで開催される場合、レイモンド・ジェームス・スタジアムもフルキャパシティで開催できることになります。

ただしフロリダ州が許可を与えているものの、ドルフィンズは次回ホームゲームにおいては13,000人の制限を守る予定であるとしています。

また来年2月にはNFLのスーパーボウルがレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催される予定であり、デサンティス知事は満員での行われることを期待していると言及しています。

WWEはまだ開催地の移転を正式に発表していませんが、フロリダ州への変更が決定してフルキャパシティの許可がこのまま続くことになると、レッスルマニア37は観客を入れて開催できることになります。

スポンサーリンク