ジョン・シナがWWEキャリアは終わっていないと認める


ジョン・シナは今週、パンデミック以降で初のスタジオゲストとして『The Tonight Show』に出演しました。

スポンサーリンク

シナは最近映画に出演する機会が多くあるものの、WWEのリングにはほとんど上がっていません。最後に登場したのはレッスルマニア36のブレイ・ワイアット戦でした。

シナは子供向けのシリーズ本『Elbow Grease』の宣伝で登場し、この本を書いた理由についてまだWWEでのキャリアは終わっていないものの、若いファンに向けてメッセージを送るためだと語りました。

「WWEでは子供や家族など非常に若いファンがいて、WWEでの私のキャリアは終わったわけではないが活動的ではないため、若い視聴者にメッセージを送り続けたいと思ったんだ。なぜなら何度も両親から言われてきた『Never Give Up』という言葉は息子や娘を助けてくれた。だから楽しくて明るくてカラフルなモンスタートラックを題材にした児童書シリーズを思いついたんだ。楽しく読めるけど『Never Give Up』が根底にあるんだよ」

なおシナは来年公開予定の映画『スーサイド・スクワッド』への出演に加えて、今月にはスピンオフドラマ『Peacemaker』がHBO Maxで放送されることが明らかとなっており、その主演をシナが務める予定となっています。

スポンサーリンク