ドリュー・グラックがWWEを去る


今週のSmack Downでダニエル・ブライアンと対戦したドリュー・グラックですが、すでにWWEを去ったようです。

スポンサーリンク

WWEの公式サイトではすでにグラックが現役ロスターからアルムナイセクションへと移動されており、『PWInsider』は、グラックがWWEを去っていると複数の情報源から確認したことを伝えています。

『PWInsider』によると、グラックはWWEからリリースされたわけではなく、Smack Downの収録が終わったあとにWWEとの契約が満了したために、WWEを去ることになったようです。

またグラックとWWEは新しい契約について話し合っていたものの、契約が満了する前に合意しなかったことからWWEを去ることになったということです。

フリーエージェントになったためグラックがもし他の団体への移籍を望んだ場合でも、90日間の競業避止義務は発生しないことになります。

今後グラックとWWEが新しい契約に合意する可能性はあるものの、グラックにとっては他にも選択肢があることから、今後どの道を選択するのか決断することになりそうです。

スポンサーリンク