タンパが主要イベント開催の是非を話し合う


アメリカ内で広がりを見せている新型コロナウイルスですが、WWEにとっては4月5日のレッスルマニア36の開催に影響を及ぼす可能性があります。

スポンサーリンク

現時点でWWEはレッスルマニアの開催を行う意向を示しているものの、テレビ局『CBS Tampa』のライアン・ベースはTwitterで、フロリダ州タンパがイベント開催についてミーティングを行う予定であると語っています。

「タンパ市およびジェーン・キャスター(タンパ市長)は木曜日にミーティングを行い、コロナウイルスによる主要なイベントのキャンセルもしくは延期について話し合うだろう」

レッスルマニアウィークになると、アメリカだけでなく世界中からファンが訪れることになります。

WWEが開催する意志を示していても、もし地方自治体がイベントに関する何らかの決定を行った場合、WWEはその決定を遵守する必要があります。

フロリダ州タンパの決定次第では、レッスルマニアの開催に影響を及ぼすかもしれません。

スポンサーリンク