マット・ハーディがRAWの後に別れを言う


3月1日にWWEとの契約が満了すると報じられたマット・ハーディは、今週のRAWに登場してランディ・オートンと対峙しました。

オートンはレッスルマニアでエッジとの対戦が噂されており、ハーディが登場したのはそれに対するプロモーションの一環でしたが、また別の理由もあったのかもしれません。

エッジと同様に、オートンから頭部へのイス攻撃を受けたハーディは、RAWの後にTwitterで「GOODBYE」とツイートしています。

この言葉が何を意図するものかは不明ですが、このままWWEと契約延長に合意しなければ、ハーディはまもなくフリーエージェントになってWWEを去ってしまうことになるのかもしれません。

スポンサーリンク