ルセフとラシュリーのストーリーライン UP DATE


12月1日にはスターケイドが開催され、当初はルセフ対ボビー・ラシュリーによるラスト・マン・スタンディング・マッチが予定されていました。

スポンサーリンク

ところがルセフはラナに対して暫定的な接近禁止命令がジョージア州から出されていたために、ラシュリーと対戦することができませんでした。

その後ケビン・オーエンズが登場してラシュリーと試合を行ったものの、観客席から現われたルセフによってラシュリーは攻撃を受けることになりました。

『loose lips backstage』によると、このストーリーラインは次回RAWにも続くことになります。

それによると今週のRAWの計画では、ラナが開催されるテネシー州でもルセフに対して接近禁止命令を出しているものの、再びルセフが登場してラシュリーを攻撃します。

しかしラナを守っている警察官に対してラシュリーが怒鳴ることになり、今度はラシュリーが逮捕されてしまう流れになるようです。

前回のRAWではルセフがラナに対する接近禁止命令に従わなかったために逮捕されましたが、今週のRAWでは状況が逆になるのかもしれません。

なお予定では12月15日のTLCでルセフとラシュリーが対戦することになっています。

スポンサーリンク