来年WWEとの契約が満了予定の選手


最近ではWWEに契約解除を要求する選手が出てきていますが、一方で来年中に契約が満了する選手もいます。

スポンサーリンク

『WrestlingNews』は、レイ・ミステリオが2018年9月にWWEと2年間の契約を締結したため、来年には満了する予定であると伝えています。

さらに彼の契約には18ヵ月後にオプトアウト条項があることから、場合によっては早くWWEを去ることが可能になるようです。

しかし現在WWEパフォーマンスセンターで息子のドミニクがトレーニング中であり、2020年に本格的に試合をすることになりそうなので、必ずしもミステリオが来年去るわけではありません。

また最近ではWWEからのミステリオへのプッシュが続いています。

サバイバーシリーズではブロック・レスナーとWWEチャンピオンシップで対戦する予定であり、今月末にメキシコで開催されるライブイベントではブレイ・ワイアットとユニバーサルチャンピオンシップで対戦します。

WWEもミステリオと新たな契約を締結に向けて、すでに今から準備するのかもしれません。

またレスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーは、カイリ・セインも来年中に契約が満了する予定であると伝えています。

アスカはアメリカで満足しているように見えるものの、カイリ・セインはWWEを去ろうとしているかどうかはわからないものの、他の選択肢を探す可能性もあることを示唆しています。

今年は多くの契約関連のニュースがありましたが、来年もまた選手の契約ニュースが豊富にありそうです。

スポンサーリンク