エグザビア・ウッズがライブイベントで負傷 UP DATE


ニューデイのエグザビア・ウッズが月曜日にオーストラリアのシドニーで開催されたWWEライブイベントで負傷しました。

スポンサーリンク

ウッズはビッグEとSmack Downタッグチームチャンピオンシップでリバイバルと対戦したものの、試合中にロープ際で足首を抱えて倒れ込んだということです。

その後ウッズが痛がっていたことから、トレーナーがバックステージから出てきてチェックをし、レフェリーが『×』のサインを出しました。

ウッズは足を引きずりながら退場し、試合はビッグEが一人でハンディキャップマッチとして戦ったものの敗れています。

ケガの詳細についてはまだ明らかにされていないものの、ウッズは試合後にTwitterでアキレス腱を負傷したことを示唆していることから場合によってはしばらく欠場する可能性もあります。

(UP DATE) ウッズのケガをWWEが認めています。なお今回のケガによりオーストラリアツアーを離れることになったようです。

スポンサーリンク