サーシャ・バンクスが今後はベビーフェイスになる?


前回のSmack DownとRAWではWWEドラフトが行われ、女性ディビジョンではベッキー・リンチとシャーロット・フレアーがRAWに、ベイリーとサーシャ・バンクスがSmack Down所属となりました。

スポンサーリンク

レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーは、Smack Downにベビーフェイスが必要としていることからサーシャ・バンクスがベビーフェイスになる可能性があると指摘しています。

前回新チャンピオンとなったベイリーは新たにヒールとして登場したため、今後はそのキャラクターのまま進む可能性が高いです。

WWEドラフト前にはヒールとして活躍していたサーシャ・バンクスですが、Smack Downの状況次第ではベビーフェイスになることもあるかもしれません。

ちなみにSmack Downから選択されたのはレイシー・エヴァンス、カーメラ、マンディ・ローズ、ソーニャ・デヴィル、タミーナに加え、アレクサ・ブリスとニッキー・クロスもドラフト後にRAWから移動になっています。

またメルツァーによると、RAWではシャーロット・フレアーがベビーフェイスになる可能性があると伝えています。

シャーロットはもともとヒールをやっていたものの、これは予定されていたサーシャ・バンクスがいなかったためにその穴を埋めるためにシャーロットが務めていただけだったようです。

しかしもしシャーロットがベビーフェイスになるとRAWのヒールが弱くなるため、アスカ、カイリ・セイン、リヴ・モーガン、ナタリア、アイコニックス、もしくはベッキー・リンチの誰かがヒールを務めることになるのかもしれません。

スポンサーリンク