ジェフ・ハーディの逮捕の詳細


現在足の負傷欠場中だったジェフ・ハーディは、10月3日の夜に飲酒運転により逮捕されました。ハーディはその日の夜に釈放されています。

スポンサーリンク

『PWInsider』によると、11月7日に裁判所に出廷する予定であり、そこで聴聞会が行われるということです。なおそれまでの30日間は運転免許の使用ができなくなります。

また『TMZ』が伝えた警察の捜査報告書によると、警察は酒屋の前に止まっている車を見つけ、ハーディはビールケースを手に持って歩いてくるのを見たようです。

そして車に乗り込んで運転したところ、警察はその車がフラフラと車線をまたぎながら蛇行運転していることに気づいたことから車をストップさせたということです。

さらに警察は止めたハーディの鼻は血だらけだったことに気づき、その理由を尋ねたところ、ハーディは警察官に妻とのケンカによるものだと伝えたとしています。

またその報告書では、ハーディがその夜にウォッカを飲んだことを認めており、飲酒運転だったことは認めたものの、鼻についた血液のサンプル採取を求められたときには協力的ではなかったと書かれていました。

その後警察は血液サンプルを得るために捜索令状を取得し、呼ばれたEMS(救急隊)によって血液を採取されています。

なお警察は『TMZ』に対して、ハーディー話した家庭内暴力事件での捜査は行っていないということですが、もしハーディから何らかの申し立てがあった場合には捜査する可能性もあると伝えたとしています。

スポンサーリンク