カート・アングルがプロデューサーとして働き始める


カート・アングルは今年のレッスルマニア35でバロン・コービンとの引退試合を行った後、WWEの表舞台に登場する機会がほとんどなくなりました。

スポンサーリンク

『PWInsider』によると、カート・アングルは現在WWEのRAWプロデューサーとして働いており、すでに数週間前から働き始めたということです。

今週のRAWはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われましたが、Instagramにはそのときの写真がアップされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madison Square Garden. The most famous arena in the world. I’ve had many great memories here. Tonight is Monday Night Raw. Be sure to tune in. #itstrue #wwe #raw

Kurt Angleさん(@therealkurtangle)がシェアした投稿 –

またカート・アングルは引退試合後のインタビューで、WWEと5年契約を結んだために会社に残ることを明らかにしています。

『PWInsider』によれば、カート・アングルはここ数ヶ月の間、他の人を見ながら役割を学んでいたということで、今後はプロデューサーとしてバックステージで本格的に活躍していくことになるようです。

スポンサーリンク