共同社長がWWEネットワークの計画を説明する


WWE共同社長のジョージ・バリオスは、『The Verge』のインタビューで今後さらなるアップデートが期待されているWWEネットワークについて言及しました。

スポンサーリンク

まずは来年を目途に料金体系が現在の9.99ドルから、フリー、レギュラー、プレミアムの3段階へと変更になります。

フリー:WWE.comで見られるのと同じ無料の動画を見ることができます。それに加えて有料のWWEネットワークコンテンツのプレビューも視聴できる可能性があると語っています。

レギュラー:これまでと同様にライブペイパービューやオリジナルコンテンツなどをオンデマンドストリーミングで視聴することができます。

プレミアム:具体的には言及されていないものの、より多くのコンテンツや機能、さらにはコマースにおける送料無料やデジタルチケットなどのサービスも統合することで、全てのWWEを体験できる場所にすると語っています。なおプレミアムの料金については言及されていません。

またWWEネットワークでは、『Download To Go』と呼ばれるオフラインダウンロードを可能にする機能も提供されるようです。これによってペイパービューをオフラインで見ることが可能となります。ただしレギュラーも使用できるのか、プレミアムだけの特典なのかはわかっていません。

さらにWWEはすでに4Kに関する実験を行っているものの、ペイパービューが年内中にすぐに4Kに変わることはないだろうと語っています。

これら全てを含めて新しいWWEネットワークのセットアップに関して正確な日付は明らかにされなかったものの、「来年のサマースラムまでに全てを終えたら最高の気分だよ」と語ったことから、来年夏以降にはほぼ全ての機能が出そろうのかもしれません。

スポンサーリンク