ブレイ・ワイアットの今後の計画


サマースラムでは、ザ・フィーンドとして初めて試合を行ったブレイ・ワイアットですが、今後は大きなプッシュが与えられる可能性があります。

スポンサーリンク

『The Dirty Sheets』によると、時系列はまだ決定していないものの、WWEはブレイ・ワイアットにユニバーサルチャンピオンシップに関わらせることで、RAWのリードキャラクターにしようと計画しているようです。

さらに将来的にはレッスルマニアでザ・フィーンド対アンダーテイカーの対決を実現させようとしているということです。

ただしWWEがザ・フィーンド対アンダーテイカーを行うかどうかは、テイカーが納得するかどうか次第となってきます。

WWEはザ・フィーンドと試合をさせる前に、アンダーテイカーが対戦したいとするドリュー・マッキンタイア、AJスタイルズ、セス・ロリンズ、ダニエル・ブライアンなどとの試合をさせたいと考えています。

さらにWWEは来年にアンダーテイカー対スティングの試合も実現させたいと考えており、そのためにスティングがメディカル的に許可されることを望んでいるようです。

一方でWWEがザ・フィーンドに対して抱いている懸念は、『The Dirty Sheets』によれば、ベビーフェイス的な反応だということです。

WWEではある程度予想していたものの、その予想をはるかに上回る結果となっています。

サマースラムでは絶対的なベビーフェイスであるフィン・ベイラーと対戦させたものの、ファンはザ・フィーンドに対して大きな期待を示しています。

さらにサマースラムウィークでは、ワイアットの新しいグッズが全体の中で2番目に多く売れていたということからも人気の高さがわかります。

アンダーテイカーとの試合は状況次第となるものの、今後ザ・フィーンドがプッシュされる可能性は非常に高いようです。

スポンサーリンク