バディ・マーフィーのプッシュは意図していなかった?


現在のSmack Downではローマン・レインズとダニエル・ブライアン、ローワンによるストーリーラインが行われています。

スポンサーリンク

最初のきっかけとなったのは、サマースラム前のSmack Downの最後にローマン・レインズがバックステージのインタビュースペースへ向かうところで攻撃を受けたことでした。

その後、最後の映像にはバディ・マーフィーが映り込んでいたことからネット上では犯人だったのではないかと噂されていました。

そして実際にその後のストーリーラインにマーフィーが加わり、今週のSmack Downではレインズとのシングルマッチが行われました。

ところがレスリングオブザーバーのブライアン・アルバレスによると、マーフィーは本来映像に登場するはずではなく、WWEもそこにいることは想定していなかったと伝えています。

そしてネット上でマーフィーが映り込んでいたことが噂になったことから、WWEはあとからマーフィーをストーリーラインに加えることに決めたということです。

スーパースターシェイクアップでSmack Downに昇格して以降全く出番がなかったマーフィーにとっては、今回の登場は棚からぼたもちのようなものだったのかもしれません。

スポンサーリンク