コフィ・キングストン「チャンピオンとしての責任を果たす」


WWEチャンピオンのコフィ・キングストンは、7月14日に開催されるエクストリーム・ルールズの宣伝をするために、『Planeta Wrestling』のインタビューに答えました。

スポンサーリンク

キングストンはWWEチャンピオンとして多忙なスケジュールをこなしているにもかかわらず、長いキャリアを経験しているために、WWEから何を期待されているか理解していたと語っています。

「私はとても忙しいけど、ストレスは全く感じていないんだ。WWEチャンピオンには何を必要とするのかを知るために十分な時間があったと思う。私は多くのメディアに露出をしてたくさんの経験を積んできた。特にウッズと(ビッグ)Eと一緒にロサンゼルスへ行って撮影したり、その後にTVゲームをしたり、私にとって忙しいことは慣れているんだ」

「CMパンクのような人たちと一緒にいるうちに、チャンピオンになることがどれほど忙しいものなのかを理解していた。だからチャンピオンである限り会社からの負担を背負わなければいけないし、何を期待するべきなのかわかっていたんだ。それは常にあなたの責任を果たすことになる。会社のチャンピオンでいるなら、それに相応しいことを証明するのはあなたの責任だ。私は喜んで挑戦を受けて立つよ。11年以上もこの瞬間を待っていたんだ。それによって比べ物にならないほど忙しくなったけど、これがチャンピオンとして望んだことだからベストを尽くすよ」

キングストンはまた、WWEのインターナショナルツアーについて話すと、スペインがお気に入りの国の一つであると語っています。

「私たちがそのうちスペインに行けることを願っているよ。スペインは私が一番好きな場所の一つなんだ。一般的にスペインの文化はとても情熱的だと思うから、彼らは同じ情熱をWWEショーにももたらしてくれるはずだ。きっと人々はもっと興奮するだろうね。スペインは最高だから、WWEが訪れたときには私がショーに出場できることを願っているよ。スペイン人の前でパフォーマンスをするのは素晴らしいことだね」

スポンサーリンク

 

関連記事一覧