なぜタイトル戦にニッキー・クロスが加わったのか


7月14日に開催されるエクストリーム・ルールズでは、ベイリー対アレクサ・ブリス&ニッキー・クロスによるSmack Down女子チャンピオンシップのハンディキャップマッチが行われます。

スポンサーリンク

当初はベイリー対アレクサ・ブリスでしたが、今週のRAWでビート・ザ・クロック・が行われ、最終的にハンディキャップマッチへと変更になりました。

ニッキー・クロスが加わったことについてレスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーによると、アレクサ・ブリスはひどい副鼻腔炎になっており、病気のために計画が変更されたようです。

そのためWWEは今週ストーリーラインを書き直すことになり、ニッキー・クロスはベビーフェイスでありながらハンディキャップマッチを求めなければいけなかったと言及しています。

今週アレクサはRAW、Smack Downともに試合をしないどころか、登場すらしていませんでした。またTwitterでは体温計の絵文字をツイートしています。

エクストリーム・ルールズではチャンピオンシップを行うことになりますが、状態次第では試合の多くをクロスが務めることになるのかもしれません。

スポンサーリンク

 

関連記事一覧