なぜ新しくWWE 24/7チャンピオンシップができたのか


今週のRAWでは、新しいタイトルとしてWWE24/7チャンピオンシップが発表されました。

スポンサーリンク

これまでWWEに新しいアイデアが持ち込まれると、そのほとんどはビンス・マクマホンによるものでしたが今回は事情が異なるようです。

レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーによると、タイトル創設はUSAネットワークからのものだったと明らかにしています。

USAネットワークは、最近の視聴者数低下に満足しておらず、特にRAWの最後の1時間が低いことに不満を持っていました。

そのため今週のRAWでは最後の1時間だけ照明が変わったことなどから、マクマホンは視聴者数をなんとかするように強いられているようです。

そしてUSAネットワークがWWEに改善案を送ってきた中で、そのどれもが良くないものだったものの、マクマホンはどれかを採用しなければいけないとわかっていたことから最も良かったものとして24/7チャンピオンシップを採用したということです。

最近ではYouTubeへのダイジェスト版のアップを放送終了後から行うようにするなど、WWEも何らかの施策を行っていますが、このまま低視聴者数が続けば、さらなる改善案を行わざるを得ない状況になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

 

関連記事一覧