ブラックとオーエンズがサウジアラビアに行かない理由


6月7日にサウジアラビアで開催されるスーパーショーダウンには、すでにダニエル・ブライアン、ケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン、アリスター・ブラックの4人が欠場すると報じられています。

▼WWE観るならJ Sportsだけ▼

ブライアンは前回のクラウン・ジュエルのときからサウジアラビア行きを拒否しており、サミ・ゼインはシリアというバックグラウンドがあるために出場しない予定です。

レスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーは、オーエンズがサウジアラビアに行かない理由について、家族が頼んだから断っていると言及しています。

そしてそれとは別に、友人のゼインがショーに加わることを許可されていないなどの他の理由がある可能性もあると指摘しています。

またブラックに関しては、宗教的な意味合いのあるタトゥーを持っていることからWWEの決定によってサウジアラビア公演には参加しないことになるようです。

ビッグ契約を締結しているサウジアラビアとは文化が異なるため、WWEは細かいところまで気にしているのかもしれません。

スポンサーリンク