カート・アングルが引退後もWWEに留まることを認める


レッスルマニア35でバロン・コービンとのシングルマッチが決定しているカート・アングルは、プロモーションの一環で『Sky Sports』のインタビューに答えました。

スポンサーリンク

この試合で現役を引退することになるカート・アングルですが、このインタビューではレッスルマニア以降もWWEに留まるために契約にサインしたことを明らかにしました。

「私は陰で若い選手たちを助けるために契約にサインしたんだ。ここで作り上げる人たちと一緒に歩むことになるだろう。私はおそらくマネージャーやゼネラルマネージャーのような画面に登場する人物になるんじゃないかな。きっと彼らは私を表舞台で起用したがっていると思うよ」

またカート・アングルによると、新しい役割は選手育成のNXTではなくメインロスターで行われることになるだろうということです。

上手くいけば現役を引退した後も、RAWなどのテレビ番組などに登場するかもしれません。

(Sky Sports)

スポンサーリンク