ランディ・オートン現在の契約状況


WWEからAEWへ移籍する選手として様々な名前が挙がる中で、ランディ・オートンの名前も候補に含まれていることがありました。

▼WWE観るならJ Sportsだけ▼

しかし『The Dirty Sheets』は、オートンの現在の契約状況を伝えるとともに、おそらくAEWへは移籍しないであろうと伝えています。

それによるとオートンとWWEは、2010年1月に5年間の契約を締結したようです。そしてその契約には満了時に両者が満足していれば、さらに5年間の契約を延長するオプションがついていました。

そのため2015年1月に両者は契約を継続することを選んだことから、最終的に2010年1月から10年間の契約となっています。

そしてなぜオートンがWWEを離れないのかというと、現在の契約が年間450万ドル(約4.9億円)に加えて、年間グッズ売上の3.5%が歩合として入り、ファーストクラスでツアーをまわり、年間150日だけ働くという条件が他のスーパースターと比べてもかなり良いからだということです。

このままいけばトータル10年間の契約が2020年1月に切れる予定となっていますが、『The Dirty Sheets』によると、オートン自身もWWEとの契約延長の交渉を開始することを強く望んでいるようです。

今後何が起こるかわからないのがWWEの世界ですが、今のところはオートンがWWEを離れる可能性は非常に低いかもしれません。

(The Dirty Sheets)

スポンサーリンク