シャーロットがジャックスの男子ランブル戦出場を語る


シャーロット・フレアーは最近ラジオ『105.3 The Fan』にゲストとして出演して様々な話題について語りました。

スポンサーリンク

以下はそのハイライトです。

WWEの女性選手は男性選手よりも頑張る必要があることについて

「男性たちがやっていることの価値を落としたくはありません。それに女性選手は証明するためにもっとやるべきことがあると思う。たとえ私たちが証明したとしても、テレビを見ている人たちはいつも自分が席を買って観客席で見ているようにストーリーに入り込んでいます。例としてSmack Downで考えると、競争する2人の女性がいたとする。それによって競争が生み出され、もっと良いものが作られると私は思っています。だから私はみんながやっていることを奪いたくはない。それに今みんなが女性選手に注目しているからね」

ナイア・ジャックスが男子ロイヤルランブルマッチに出場したことについて

「私が最初に男性選手と戦いたいか?と質問されたとき、私はノーと言いました。なぜならストーリー的に難しいと思うからです。男と戦うことは簡単なこと。イージーなエンターテインメントです。女性だけで試合をしたときに良いストーリーにする方が難しいんです。でも日曜日のナイアはスターのように思えたけど、それは特に男子ランブル戦に加わったことが大きかった。彼女は本当にそれをやってのけました」

「今私は彼らが女性選手の誰かを男たちの中に加える可能性があるとは思いません。ナイアの場合は存在感とサイズがあったからだと思う。彼女はそれに対処することができました。どうなるかはわからないけど、それによっておそらくこういうことがオープンになるでしょう。でも私はそれが毎週行われるべきだとは思わない。年に一回あるくらいの目新しさが必要だと思います。そうでなければその特別な感じがなくなってしまう。だから毎週は見たくはない。すいません、私はやらないですけどね」

レッスルマニアで女性がメインイベントを務めることについて

「女性選手がレッスルマニアのメインイベントを務めることになるように思えるし、ウィメンズ・エボリューションの絶頂になると思います。そして私が前にも言ったんだけど、そのショーでメインイベントを務めるだけで終わりではありません。私たちがレッスルマニア35のメインイベントを務めたら、その勢いを続けていかなければならないということです。そこで全てやり遂げたではダメで、その場所で頑張り続ける必要があります」

「私はまだRAW、Smack Down、その他のペイパービューでもメインイベントを務めたいと思っているし、その気持ちは決してなくならないでしょう。(レッスルマニアのメインイベントが)絶頂になるとは思うけど、そこにはそれ以上の期待とプレッシャーがあるはずです」

(wrestling inc)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧