ラウジー対ベッキーはレッスルマニア前に行われる?


今週のSmack Downのメインイベントではベッキー・リンチが勝利したため、ロイヤルランブルでチャンピオンのアスカに挑戦することが決定しました。

スポンサーリンク

レスリングオブザーバーのブライアン・アルバレスは、現時点ではレッスルマニア35でロンダ・ラウジー対ベッキー・リンチ対シャーロット・フレアーの3WAYマッチが行われる予定であると伝えています。

しかしそこに至るまでのプロセスが変更されたのか、アルバレスはレッスルマニア前にラウジー対ベッキーのシングルマッチが行われる可能性を言及しています。

1月のロイヤルランブルと4月のレッスルマニアまでの間には、エリミネーションチェンバーとファーストレーンの2つペイパービューが予定されています。

アルバレスが言うように、もしこのどちらかでラウジー対ベッキーが行われるのであれば、サバイバーシリーズではないためチャンピオン対チャンピオンになると考えられないため、ロイヤルランブルではアスカがタイトルを防衛する可能性が高くなります。

また今週のSmack Downでは負け役としてカーメラが加えられましたが、ベッキーには少なくともレッスルマニアまでダイレクトに負けさせないことを考えると、ロイヤルランブルなどで再びTLCのようにベッキーとラウジーのアングルが行われる可能性もあります。

レッスルマニアで3WAYが行われるのであれば、そこに至るプロセスがどうなっていくのかはとても気になるところです。

(Wrestling Observer)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧