クリス・ジェリコと新日本プロレスの契約について


1月4日に東京ドームで開催されたレッスルキングダム13では、ICチャンピオンシップとしてクリス・ジェリコ対内藤哲也が行われ、ジェリコは敗れたためにタイトルを失うことになりました。

スポンサーリンク

そして試合後にジェリコは、次はIWGPヘビー級チャンピオンの棚橋弘至との対戦したい意思を明らかにしています。

ところがレスリングオブザーバーのデイブ・メルツァーによると、ジェリコと新日本プロレスの契約は今回のレッスルキングダム13が最後になったため、今後についてはまだわからないということです。

ジェリコはAll Elite Wrestling(AEW)の代表であるトニー・カーンと友人であるということで、AEWとの契約も噂されていますが、今のところはまだ彼らと契約していないようです。

今後の状況が不透明な選手にケニー・オメガがいますが、クリス・ジェリコも含めてAEWには今後大きな注目が集まることになるかもしれません。

(Wrestling Observer)

スポンサーリンク

 

関連記事一覧